セフレにすると危険なタイプとは!?セフレ作りで気を付けておくべき事

セフレにすると危険なタイプとは!?セフレ作りで気を付けておくべき事

セフレにすると危険なタイプとは!?セフレ作りで気を付けておくべき事

気楽なHだけの関係、それがセフレ(セックスフレンド)です。友達や職場の同僚、知り合いの紹介、出会い系サイトなど、様々な方法で知り合い発展しセフレになると思いますが、セフレにすると危険なタイプもいるので、セフレを作る前に知っておきましょう。

 

セフレにすると危険なタイプ

1.束縛する人

セフレと言う関係は、お互いにとって都合の良い関係ではないと破たんする可能性が高いです。既婚者で家庭があったり、彼氏・彼女がいる人にとっては、束縛する人が相手だと、そこへの影響も現れてくるのでリスクが高くなります。

2.極度な寂しがりやの人

寂しいと感じている人は山ほどいて、セフレにするには非常に良い相手ですが、極度な寂しがりやは、構って欲しいと言う気持ちが強くなり、気楽な付き合いをしたい人にとっては非常に重たく感じます。また家庭持ちや彼氏・彼女がいる人にとってはリスクが高くなります。

3.依存度が高い人

会う度に、セックスする度に依存度が高くなるタイプも注意が必要です。気楽な関係ではなくなり、相手がいないと精神状態を保てなくなるので、そういう相手とセフレ関係になるのはリスクが非常に高いです。

4.秘密を守れない人

口が軽く秘密を守れない人はセフレにするとかなりリスクが高いです。親友にすら言わないくらいの口が堅い人が良いでしょう。

5.風俗関係者

お金を稼ぐ事を目的にセックスをしているので、そこからセフレに発展するのは難しいです。

6.異性の紹介

同性の友達からの紹介よりも異性の友達の紹介の方がリスクが高いです。同性の紹介なら、内輪だけの話のネタになるだけの場合も多いですがセフレ相手は必ず紹介してくれた友達と話をするので、男性同士なら「あいつヤリマン」、女性同士なら「あいつヤリチン」等と裏で言われる事になり、そういう話はどんどん広がります。

 

セフレにするなら、どういう人が良い?

セフレにすると危険なタイプを纏めてみましたが、セフレにするなら良いタイプは?

適度に寂しがりやで、セックス好き、束縛せず、依存度が低く、知り合いの紹介などではない全く関係が無い人がベストですが、そういうタイプはどこで見つかるのか…?

私の経験からすれば、同じ様な目的の人が1番多く集まる出会い系サイトだと思います。実際に私も出会い系を利用してセフレを作っているので、セフレが欲しいけど出来ない人は、試してみる価値はあります。

【保存版】セフレの作り方!おすすめ優良出会い系サイトランキング!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ランキング


おすすめ記事

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2016年セフレを作るなら、この出会い系サイトがおすすめ!優良サクラ無しのサイトだけ!
    2016年セフレを作るなら、この出会い系サイトがおすすめ!優良サクラ無しのサイトだけ!